泌尿器科、内科
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町5丁目15-14
メセナ緑地公園101

TEL 06-6330-5110

 
専用駐車場14台完備

泌尿器科問診票


内科問診票

トップページ»  過活動膀胱(男性)

過活動膀胱(男性)

 

40歳以上の7人に1人が排尿の症状で悩んでいます。

「尿が近い、夜のトイレが多い、もれそうになる、もれてしまう」
こんな排尿の症状を年のせいにしていませんか?
最近の調査によると、40歳以上の日本人のうち約1,000万人が、何らかの排尿の症状で悩んでいるといわれています。
その中でも、夜間にトイレに行く症状で悩んでいる人が最も多いことが分かりました。

 

おしっこの出るしくみ

普通、私たちは膀胱に200~400mLの尿がたまると尿意を感じます。そして、自分の意思でトイレに行くまでしばらくがまんすること(蓄尿)と、準備が整いしだい排泄すること(排尿)ができます。

「がまんする」か「おしっこをする」かは、脳からの命令により、膀胱の伸縮と尿道の筋肉の開閉で調節されています。

 

排尿のトラブルは、病気が原因かもしれません

排尿は、健康状態を反映しています。
排尿のトラブルには、膀胱から尿道へかけての下部尿路の病気が関係しています。

◆排尿のトラブルの分類



◆関連する病気
 

脳から膀胱までの連絡経路に障害が起こった場合
●脳障害(脳梗塞、脳出血、パーキンソン病など)
●脊髄障害(脊髄損傷、多発性硬化症など)

膀胱や尿道自体に障害が起こった場合
●細菌感染症(膀胱炎、尿道炎など)
●膀胱結石、膀胱結核、膀胱がん、間質性膀胱炎

その他
●糖尿病
●精神的なもの(ストレス)
●年齢による筋力の低下

 

前立腺肥大症は、男性にとって宿命的なもの?

前立腺肥大症は、中年以降の男性に多く、50歳以上の2人に1人の割合でみられ、4人に1人で排尿の症状をおこします。

◆前立腺とは
 

前立腺は、男性だけにある膀胱に接した、くるみ大の生殖器官です。

尿道がその中心を通るため、前立腺が肥大すると膀胱の出口が狭くなり、おしっこが出にくくなったり、トイレが近くなったりします。


◆症状
 

●トイレが近い

●何度もトイレに起きる

●勢いがない

●すっきりしない

●出にくい・出ない

症状が一般的な老化現象の範囲か、治療を要するものかを検査する必要があります。診断には「肥大の程度」「自覚症状の程度」「他の病気(前立腺がんなど)がないか」を確認することが大切です。

 

前立腺肥大症の治療

症状の重さによって経過観察、薬物療法や手術療法などが行われます。症状を悪化させないためには、規則正しい生活とバランスのとれた食事、心身のリラックスなどが大切です。

◆薬物療法
 

抗男性ホルモン薬
男性ホルモンの作用を抑え、前立腺を小さくします。「性機能障害」を伴います。
α1受容体遮断薬
交感神経から伝わる刺激をブロックして、前立腺の緊張を緩め、尿を出しやすくします。


植物エキス、漢方薬など
前立腺の炎症を抑えます。


◆手術療法


 

過活動膀胱(Overactive Bladder:OAB)をご存知ですか?

OABとは、膀胱が自分の意思に反して収縮する病気です。突然強い尿意におそわれ、尿をがまんできなくなります。

◆症状



 

◆OABになりやすい人

●太っている人
●便秘の人
●水分摂取が多い人(1日2リットル以上)または少ない人
●ストレスを感じやすい人
●運動不足の人
◆OABが生活に及ぼす影響

もらすかもしれないという不安から頻繁にトイレに行くようになり、そのために社会生活の妨げになることもあります。

 

過活動膀胱の治療

自分でできる訓練や排尿日記などの「行動療法」や、薬で膀胱の過剰な収縮を防ぐ「薬物療法」で、OABの症状を改善することができます。

◆行動療法




 

◆薬物療法
「抗コリン薬」

神経を通じて膀胱の筋肉へ伝達される収縮の指令をブロックし、膀胱の収縮を抑制します。

 

排尿のトラブルに関係する検査

病院ではまず、一般的な検査を行い必要に応じて詳しい検査を行います。

◆一般的な検査



◆詳しい検査


 

【過活動膀胱 チェックシート】

チェックシートに記入して、受診時にご利用ください。

チェックシートはこちら