泌尿器科、内科
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町5丁目15-14
メセナ緑地公園101

TEL 06-6330-5110

 
専用駐車場14台完備

泌尿器科問診票


内科問診票

トップページ»  プロペシアについて

プロペシアについて

 

AGAは進行性です!!

 

AGAは進行性であり、放っておくとうす毛が進んでいきます。抜け毛の進行を抑えることが重要です。

 

 

 

プロペシア錠の働き

プロペシアはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を阻害します。

AGAではDHTが原因となり、毛包のミニチュア化や硬毛の軟毛化が引き起こされ、抜け毛が増えていきます。


プロペシアはDHTの産生を阻害することで、抜け毛を減らし、AGAの進行を抑えます。

 

AGAを治療するには?プロペシア錠の服用方法

◆この薬の使い方
 

●1日1回、内服してください。
6ヵ月服用しても抜け毛が減らない場合は、医師にご相談ください。
 
●男性成人のみ服用してください。
女性には効果が認められていません。妊娠中あるいは妊娠している可能性のある方及び授乳中の方は服用しないでください。(妊娠中の方がプロペシアを服用すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)
●プロペシアを割って飲まないでください。
妊娠中の方がプロペシアを服用したり、破損したプロペシアに触れて有効成分が吸収されたりすると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。また、プロペシアを割って服用した場合の安全性・有効性も保証されておりません。なお、プロペシアはコーティングされているので、通常の扱いにおいて有効成分に触れることはありません
●肝機能障害のある方は医師に相談してください。
プロペシアは肝臓で代謝される薬です。服用中に肝機能異常がみられた報告があります。肝機能障害のある方は、プロペシア・を処方される医師にご相談ください。
 
●家族や他の人にあげないでください。
プロペシアの使用に際しては必ず医師または薬剤師にご相談ください。
 

 

◆この薬の副作用

国内で実施された臨床試験(1年間)において、4.0% (276例中11例)に副作用が認められています。主な症状はリビドー減退1.1 %(3例)、勃起機能不全0.7% (2例)等でした。
まれに、全身倦怠感などの肝機能障害の症状があらわれる可能性があります。このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

◆その他

●前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、検査を実施される医師にプロペシアを服用していることをお知らせください。
プロペシアは、前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させることが知られています。したがって、測定したPSA濃度を2倍したイ直を目安として評価してください。

●日本赤十字社より以下の注意喚起が行われております。
プロペシアを服用中の方は献血ができません。
献血をする場合は、服用中止後1ヵ月間空けてください。

 

プロペシア錠の有効性と安全性について①

国内において、2O歳から50歳までのAGAの男性にプロペシア1mg1日1回1錠を3年間服用していただきました。

 

プロペシア錠の有効性と安全性について②

国内において、20歳から50歳までのAGAの男性にプロペシア1mg1日1回1錠を3年間服用していただきました。

 

国内において、20歳から50歳までのAGAの男性にプロペシア1mg、0.2mgまたはプラセボを1日1回1錠1年間服用していただき、同意を得られた方に、引き続き2年間プロペシア1mgを1日1回継続して服用していただきました。

 

期待される毛髪の変化

プロペシアによる治療期間と期待される効果の目安(改善の程度には個人差があります)

 

プロペシア錠を安全にお使いいただくために

医療用医薬品のニセモノが流通していることが報告されています。現在報告されているニセモノは製薬会社以外の別のところで作られていることも多く、安全性が確認されていないものがあります。ニセモノの主な流通経路は、インターネットなどでの個人輸入によるものであると考えられており、ニセモノを服用した場合は思いがけない健康被害が発生する可能性があります。ニセモノを服用しないために、厚生労働省の「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」に基づき、医療機関を受診し、医師の処方により正し<服用することをおすすめします。

※厚生労働省:個人輸入に関する注意
「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html
「医薬品等を海外から輸入しようとされる方へ」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/index.html

海外において下記のようなフィナステリド(プロペシア)のニセモノが発見されています。



日本国内におけるプロペシア錠の適正使用をおすすめします。
個人輸入された医薬品による健康被害については公的制度(医薬品副作用被害救済制度)の救済対象となりませんのでご注意ください。





 

プロペシア錠に関するQ&A

Q.どのくらいで効き始めますか?
A.治療の効果は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判断には6ヵ月の服用が必要となります。

Q.うす毛が改善したら服用をやめてもいいですか?
A.服用をやめると、再びうす毛が進行します。服用を続けることが重要です。

Q.服用時間は何時にすればいいですか?
A.食事の影響を受けませんので、食前、食後いつでも服用が可能です。忘れずに服用するには毎日決まった時間帯に服用することをおすすめします。

Q.頭皮につけるタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使えますか?
A.頭皮につけるタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使った場合の安全性について問題となった報告はありません。

Q.かぜ薬など、他の薬と一緒に服用しても大丈夫ですか?
A.薬の飲み合わせが問題になったという報告はありませんが、主治医にご相談ください。

Q.女性は使えますか?
A.使えません。男性のみ服用してください。妊娠中の方がプロペシアのを服用すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。